FC2ブログ

7月5日の一連の先端技術特許申請の放棄は何を意味するのか?

7月5日の一連の先端技術特許申請の放棄は何を意味するのか?

07/06/2019 By Cosmic Guerrilla
7月4日の合衆国独立記念日に期待されてた大きなイベントが不発に終わり、コミュニティにうっすらと失望感が広がる中、翌日の5日、先端技術の特許申請状況に興味深い動きが見られた。

まずは先ごろ報じられた米海軍による三角形の飛行船(慣性質量低減装置を搭載した飛行船)の特許の出願状況がActive(有効)になり、申請日の20年後である2036年9月28日が満了日として表示された。これは特許が正式に取得されたことを意味するのだろう。

そして奇妙なのは、同じ5日にJohn St. Clairという発明家による信じがたい様々な先端技術に関する複数の特許申請が放棄されたということである。

ジョーダン・セイサーはtwitter上でこの件に関して、「John St. Clairは仮名であり、一民間人だ。これは公式なディスクロージャーではない」と断った上で、次のようにコメントしている。sp30tweet1.jpg

この特許申請をした人物はとても優秀な科学者で、単にこの情報を公知させようとしているにすぎない。私はこの人物が誰なのか知っているが、名前は公表しない。

公開されていた特許申請が放棄された場合、同様のアイデアの出願が特許化できる状況になったことを意味する。単にそれが海軍のトライアングル型機の特許が有効になったのと、John St. Clairのトライアングル型機の特許申請が放棄されたのが同じ日付であった理由だろうか?

John St. Clairの特許申請は2006年の公開以降、人々の注目を集め、その正体が議論されてきたようだ。(記事1記事2記事3)その中にはJohn St. Clairの従兄弟だというDavid St. Clairという人物の書き込みも見られる。また、St. Clairという名字とテンプル騎士団のつながりを指摘する声もあるが、いずれも確実な情報ではない。sp30dstq.jpg

トランプ大統領が就任直後に、国家安全保障の名目で差し押さえられている約5000件の特許申請のうち、先端医療技術やフリーエネルギーに関する1000の特許の公開を命じたことが、過去にコーリー・グッドによって報じられている。今回の動きは今後の公式な先端技術のディスクロージャーを予感させる一つの兆候とも思える、興味深い出来事である。

スポンサーサイト



クリックすると各シーズンのエピソード一覧が開閉できます

タグ

コーリー・グッド アライアンス 軍産複合体SSP カバール エメリー・スミス テクノロジー ヒューマノイドET 南極 ソーラーフラッシュ 宇宙船 ピート・ピーターソン 地下施設 形態形成場 中南米 ETの介入 ウィリアム・トンプキンス 大量逮捕 異種交配 アンシャール QAnon 医療技術 偽旗作戦 コズミック鼎談 ICC 古代遺跡 極秘起訴 偽情報 月面オペレーション司令部 レプティリアン ソーラー・ウォーデン カートランド空軍基地 Majestic-12 インナー・アース SSP同盟 グローバル・ギャラクティック国際連盟 プリ・アダマイト NASA ナチス ゴンザレス 火星 オウムアムア PLF 次元間生命体 ボブ・ウッド博士 ノルディック ナノマイト アブダクション ナスカのトンネル AI感染 ダーク・フリート アルファ2マクログロブリン ビアーデン 松果体 特殊スーツ 水プラズマ ステイシス ホワイトゴールド バチカン ピラミッド アヌンナキ タイムトラベル テスラトロン・ユニット 年齢退行 ポータル 再生医療 ホメオスタシス トリウム 人工衛星 ウイルス UFOディスクロージャー・プロジェクト リモート・ビューイング フリーエネルギー アタカマ・ヒューマノイド 侵入者阻止・尋問プログラム 銀河連邦 高速地下鉄道 ロズウェル事件 MILAB MJ-12 コジレフ ジークムント スクエナー 第4密度 水棲ET ニコラ・テスラ ロズウェル ビル・クーパー スフィア・ビーイング同盟 神人 JFK ハビタブル惑星 遺伝子操作 輪廻転生 プラズマ解離水 バイオタグ マヤ人 ジェームズ・ギリランド ウィルバート・スミス ギリシャ神話 人口削減計画 クローン 突然変異 トールホワイト スーパー連邦 記憶消去 アバター ゼロックス・ルーム デルタ波 ホログラム 多元宇宙論 サイマティクス インプラント 

プロフィール

cosmic guerrilla

Author:cosmic guerrilla
真実を私たちの手に

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR